pamabe_log

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

【子どもを撮りたい】初めてのビデオカメラを買う時に、カメラど素人が考えたこと。

プレパパ、ビデオカメラを買う。

 

少し気の早い、いやだいぶ早いお買い物ではあります。
出産から子どもとの生活、各種行事にビデオカメラを構えたパパ。

憧れです。

子どもが出来るまでは「ビデオなんて要らね」。なんて言ってたプレパパが、一念発起し購入を決意しました。
ちなみにカメラ関係に関して、ど素人です。

ど素人ならではの選び方であります。

 

そもそもビデオカメラは必要なの?

夫婦での旅行やお出かけでは、ビデオまではいらないな〜…と思う。
考えてもなかったな。


スマホやコンデジでも動画撮影は可能ですが、夫婦揃ってスマホ撮影では同じ光景を、同じような写りで撮影することになる。
それでは面白くない。

じゃ、私(パパ)はママとは違う目線から、違うレンズを通してカワイイ我が子の姿を残そうと思う。

 

 

機種が多すぎて、どれにすればいいのか…?

人気・売れ筋を調べても30,000円程度のモノから、90,000円程のモノまでが入り混じるランキングで、初心者には難しい。
難しいが、ど素人として90,000円レベルは持てあますだろう。

画素数に大きな開きはあるけど、比較対象がないので恐らく気にならない。
撮影動画を見て、画質がど〜のとか、色味がど〜とか言えるくらいの知識があれば、それはもうど素人ではない。

そうなると、目指す価格帯は50,000円までで充分そうだ。
あとは、予算・メーカー毎の差、機能を検討すれば自ずと機種が絞れてくる。

参考:価格.com - ビデオカメラ 人気売れ筋ランキング

 

 

そんなど素人ビデオカメラは、これに決定っ!?

『CANON iVIS HF R700』(生産終了)
メーカー直販のみで、お値段27,700円〜。

予備バッテリーとSDカード、カメラバック&使い方DVDがセットになって、税込み31,860円でお買い上げ。
予備バッテリーとSDカード(同等品)は別に買うと、セット価格より高くなるのでこれで良し。

 

 

で、もう届いた?

iVIS HF R700
レビューではないので、ポイントにした部分。

  1. 総質量約305g→なにこれ、軽っ!!ビデオカメラってこんな軽いのか。

  2. 内蔵メモリーなし、SDカードのみ→上位機種には内蔵メモリーがあるけど、SDカードも安いし、買い増しorPC保存後の使い回しで問題なし。

  3. ベビーモード→誕生日を登録すれば生後日数を自動算出して「生後日数スタンプ」を付けられる。「身長・体重スタンプ」もお好みで。
    ベビーモードなら、『プレREC』で、録画開始の3秒前からの映像を記録。

実はこれくらい。


併せてちょっと残念なところ。

  1. レンズカバーは手動開閉→開けるの忘れる。値段なりなのかな?

  2. バッテリーパックは本体後部に装着→出っ張って、ちょっとダサい。

こんなもんかな。

画素数とか、細かいことは上記どおり全く気にせず。見てられないほど荒いってことは、まずないでしょうから。
上位だとWi-Fi対応だったりするけど、それもいらないね〜。

子どもをバリバリ撮影する立派なパパになったら、将来的にもう少しお高いのを検討すれば良いだけです。
2万円台だったら数年撮ったら、元は取れたと思えるでしょう。

 

 

終わりに?

と言うワケで、ど素人によるビデオカメラ選びでした。
よほどカメラに詳しいか、予算に余裕がない限りエントリーモデルを選ぶことになると思います。

今はまだ子どもは産まれていないのですが、ママさんの大きくなってきたお腹を撮影したりと、和気あいあいとしています。
当然かもしれませんが、画質等は全く気にならず。

良きパパを目指す、第一歩。
ではヾ(^_^)BYE



SDカードに限らず、外部メモリって安くなったね。
この小さなカードの中に想い出をいっぱい詰め込もう!!