pamabe_log

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

【妊娠5ヶ月】戌の日の安産祈願に行こう…それって、いつどこでやんの?

 

戌の日って、知ってますか?
初めてのプレパパさんは、知らないんじゃないかな?
私は知りませんでした、すいません。

いぬのひ【戌の日】
妊娠5ヶ月目の、暦上『戌』に当たる日。

 

 

戌の日?安産祈願?

とある日、『戌の日の安産祈願』に行って参りました。

正確には、その日は『戌』の日ではなかったのですが、二人の都合が合う日がなかったので…臨機応変に、行こうと思う気持ちが大切なのです。

恥ずかしながら私は、この『戌の日の安産祈願』というものをまったく知らず、
ママさん「そういうのあるらしいから、行ってみたい。」
私「あ、はい。了解です。」

みたいな感じ。
行こうと思う気持ちが大切なのです。

参考:戌の日 いつ - Google 検索

 

 

どこへ行けば良いのでしょうか?

神社です。

できれば安産の御利益のあるところがイイでしょうが、妊婦さんの負担にならないように近くで…ってのも良い考えだと私は思う。
気持ちが大切なのです。

私たちはと申しますと、京都の岡﨑神社へ行って参りました。

ざっくり言うと…お祀りされている神様が子だくさん。さらにこの地域は野ウサギ(多産のうさぎ)の生息地で、子授け・安産には縁の深い神社のようです。

ウサギの狛犬(狛兎?)、手水舎にも子授けうさぎ像。
うさぎおみくじに、お守りもうさぎ柄と可愛さ満点。



祈願でもなさそうな、若い女性グループも多い印象。

安産・子授け 岡﨑神社 神社挙式、神前結婚式

 

 

戌の日の安産祈願とはどんなものか?

妊娠5ヶ月目の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願をする風習のようです。
“犬はお産がかるい”ってのが由来だとかなんとか。

岡﨑神社の場合は腹帯は持参です。安産のお札やお守りなどがセットになってました。
腹帯は神社側が用意している所もあるようなので、予約時にご確認を。

で、私たちと一緒に全部まとめて御祈祷をうけます。時間にして、約30分ほど。
「しきたりやマナーが分からない…」と、お思いでしょうが大丈夫。

私自身、何も分からないまま臨んでおります。
神主さんに促されるままに…です。

 

 

どんな格好をしていこう?

神社によるところですが、スーツでも、カジュアルでもOKのようでした。
カジュアルOKだとは言われても、それなりに小綺麗な格好にはいたしましたが…。

社会一般的に、公の場に出て恥ずかしくない格好であれば大丈夫でしょう。

 

 

おいくら用意すればいいのか?

一番気になり、悩むのが『御祈祷料』。
悩む時間が惜しいのと、恥はかきたくないので予約と併せ、直接確認しました。

岡崎神社の場合、御祈祷料は…「7,000円の御祈祷料+お気持ち」
と言うお応えでした。“お気持ち”は、難しいのでやめてほしいところですが。

ケチケチするのもイヤですが、おサイフ事情も考慮しキリのいい金額で、“お気持ち”を添えさせていただきました。

完全に余談ですが、私たちが受付をしている横で10,000円を払い、「3,000円おつりをくれっ」と、はっきり言っている方がいました。
安産祈願ではなさそうでしたが、さすがにそれは『無い』なと思う。

 

 

 

子授けの御利益?

子授け・安産に御利益のある岡崎神社さん。
私どもも妊娠前に2度参拝し、子授け御守りを受けておりました。

お陰様で無事子どもを授かることができ、御守りの返納と、妊娠の報告の参拝でもありました。
御利益ありました、ありがとうございます。

2度も参拝?と、思われた方へ。

妊娠は(持病等を含まず)奥様の精神状態・ストレスがすごく影響すると思っています。思っているというか実感した次第です。
もし奥様が、子どもができないと悩まれていたら、『神頼み』&『気晴らし』にお出かけするのも良いかと思いますよ。
ではヾ(^_^)BYE



有名腹帯メーカーは、やはり『犬』。
日本人らしい発想…って感じがするな。