pamabe_log

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

きちんと知らないのでは?産休育休、and more出産に関わるお金の話。

 

きちんと把握出来ていなかった、産休・育休制度。
パパ育児ブログなんかを見ていると、パパの育休取得ケースも増えてはきてるのかな?
早く、当たり前になる日がくることを願って。

お金に関してもアバウトだった…結構イロイロと支払って貰えるので、絶対に調べておいた方がイイです。

 

 

まずは、産休とは何ぞや?

ママさんは現在フルタイムではなく、パートタイム勤務になっていますが、社会保険等福利厚生には加入しております。

正しくは、『産前・産後休業』です。

雇用形態に関係なく取得する権利があり、雇用(企業)側は拒むことはできない。
出産予定日の6週間前から、出産日の8週後までが休める期間。
産前は出産予定者の申請により就業させてはいけないものですが、産後8週間は必ず休まなければ(休まさなければ)いけないみたいです。

正しく理解できていなかったけど、産休中は法律上給料の支払い義務はなく、会社の判断次第だとか…。

 

つぎ、育休とは何ぞや?

正しくは、育児休業』です。

こちらは原則、常用雇用の労働者に適用されるようです。
ママさんは正社員として10年ほど働いていて、パート雇用へシフトしただけなので問題なく取得できます。

期間は、出産から赤ちゃんがが満1歳になる誕生日までの1年間。
男女ともに取得できて、夫婦で半年ずつ計1年とかでもOKらしい。

認可保育園に入れなかったなど、やむを得ない事情の場合、延長も可能。
育休明けに保育園を希望する場合、万が一の延長についても把握しておいた方が安全かと思う。

参考:育休 延長 - Google 検索

 

 

出産に関わる、貰えるお金ってどんなの?

産休中は、法律上の給与支払い義務はない。
マジか…と、思うけど健康保険に加入しているので『出産手当金』として、収入の6割程度の手当金が支給されます。

育休中も、産休同様給与支払いの義務はないので、こちらは雇用保険から『育児休業給付金』が支給されるらしいです。

出産後180日までは、休業開始時賃金日額×支給日収×67%。

出産後181日以降は、休業開始時賃金日額×支給日収×50%。

そして、健康保険に加入していれば『出産育児一時金』が1児につき42万円。
これは“出産費用”に当てられるやつです。

直接産婦人科へ直接の支払いも可(出来ないケースもあるらしいが)。
支払いを自身で済ませて、後でもらうパターンもアリらしいがそんなことはしない。
当然請求用紙の提出が必要で、入院の際産婦人科医に必要事項を記入してもらい、産後に提出しないともらえない。

まともな会社なら、担当に申し出たら貰えるでしょう。

ついでに、育休中は健康保険・厚生年金の保険料の負担はないようです。
もちろん被保険者のままで。

 

 

知らないことだらけではないですか?

きちんと調べると、知らないこと・勘違いしていることばかり。

“給料の60%程度の支給を受けられる”とは知っていたけど、“給料”だと思っていたりとか。保険料の支払いが免除されるので、実質60%以上の価値があることなど。

一通り、内容は分かったので申請するだけ。
忘れてた…では済まないので、特に支給条件・申請時期は早めに確認を。
私は忘れないためにも、『誰が、いつ、いつまでに、どこへ提出』するのかを、箇条書きにしました。


イロイロと優遇・支給していただけるので、ありがたいです。
が、毎年「黒字運営ですよ」と、自慢げに言ってる我が自治体よ…
そのお金を少しでも『出産祝い金』とでもすれば、出生率の低下防止の一因になるんじゃないの?

と、愚痴っておきます。
ではヾ(^_^)BYE

 



コチラから支払わなければいけない分には、容赦なく取り立てるのに、コチラが貰う時の説明は少ない。

そんな気がするのは、私だけ?